1. ホーム
  2. JA秋田みなみキッズ
JAってどんなところ?
JAってどんな仕事をしているの
農作業体験
地元の野菜を使ったレシピ

JA(ジェイエイ)ってなんのこと?

JA(ジェイエイ)という名前は、「農業協同組合(のうぎょうきょうどうくみあい)」の英語表記JapanAgriculturalCo-operatives(ジャパン・アグリカルチュラル・コーポラティブズ)のかしら文字をとってつけられたニックネームです。

JA(ジェイエイ)ってなにをしているの?

JA(ジェイエイ)は農家・農業をサポートしたり、地域のみなさんのくらしを支える事業をしています。

◆指導事業…農家にアドバイスをする仕事です。

アドバイザーが農家のもとに出向き、おいしくて安全な農産物のつくりかたや家畜の育て方、農業の経営やお金の使いかたについて相談にのっています。

◆販売事業…農畜産物をお金にかえる仕事です。

農家から集めた農畜産物を集め、共同で市場に出したり、ファーマーズマーケット(直売所)で販売しています。農畜産物をきちんとした値段で販売することは農家の経営を支えるためにとても大事なことです。

◆購買事業…質のよいモノをまとめて買って分ける仕事です。

農業に必要なモノと、暮らしに必要なモノの共同購入のしくみです。安全で品質のよい肥料や農薬、家畜のえさ、農業機械、くらしに必要なモノを計画的にまとめて買うことで、組合員に安く売ることができています。

◆信用事業…銀行のような仕事です。

組合員からお金を預かり、それぞれの組合員が必要なときにお金を引き出したり、借りることができる金融機関を運営しています。

◆共済事業…万一の時に手助けをする仕事です。

病気やケガ、火事、事故になったときでも、組合員・利用者の生活を守るために安心・満足を提供します。

JA(ジェイエイ)ってなんのこと?

平成25年度の活動の様子

田植えの様子

稲刈りの様子