1. ホーム
  2. 特産品
  3. 果樹

果樹

果樹の概要

当JAは県内で最も生産量の多い和梨産地です。最先端の技術を取り入れ、糖度・食感を重視した、みずみずしく美味しい果実栽培を心がけています。

和梨

和梨圃場

生産者数
93名
栽培面積
82,24ha
総出荷数量
864,7t
出荷先
県内、東北、関東、東海
総販売額
218,740千円

【平成26年度末現在】

ブドウ

ブドウ

生産者数
10名
栽培面積
3,6ha
総出荷数量
44,5t
出荷先
県内、北海道
総販売額
13,297千円

【平成26年度末現在】

主な栽培品種のご紹介

和梨:幸水

和梨と言えば『幸水』と言われるまさに和梨の王様。

当JA管内で栽培される『幸水』は、みずみずしさ・糖度・食感全てに置いて最上級と自負しております。

平成28年度の出荷は終了いたしました

出荷時期:8月下旬〜9月中旬
和梨:豊水

なめらかな肉質と果肉から溢れださんばかりの果汁が特徴。

500g前後とやや大玉の『豊水』は、ほどよい酸味が口いっぱいに広がる清涼感たっぷりの梨です。

平成28年度の出荷は終了いたしました

出荷時期:9月下旬〜10月中旬
和梨:南水

甘みの強さが最大の特徴。 糖度は14〜15度。

貯蔵性も良く、食感・美味しさは抜群。当JA管内の男鹿地区で栽培される『南水』は、一度食べたら忘れられない、消費者に愛される梨として定着しました。

平成28年度の出荷は終了いたしました

出荷時期 10月下旬(完全期間限定種)
和梨:かほり梨

上品な香りと超大玉果実が魅力の『かほり梨』。

1玉1kg以上にもなると言う超大玉品種で、当JA管内の天王地区で栽培される『かほり梨』は、食べた瞬間に口いっぱいに広がる甘さと香りに心を奪われます。

平成28年度の出荷は終了いたしました

出荷時期:10月上旬〜10月中旬(完全期間限定種)
ブドウ

当JA管内の若美地区で栽培されているブドウは、ナイアガラ・キャンベル・レッドナイア等があります。

砂地でハウス栽培されているブドウは、食べた瞬間に広がる甘さで病みつきになること間違いなし!

出荷時期:8月中旬〜10月中旬(完全期間限定種)
果樹についてのお問合せは
  • JA秋田みなみ 営農経済部 営農販売課
    TEL 0185-46-2311  FAX  0185-46-3219
    秋田県男鹿市払戸字大堤160番地
  • メールでのお問い合わせはこちらから